今から最速で現実を変える方法

突然ですが、あなたは将来の対策を何かされていますか?

私は、会社員時代、経営幹部という立場でありながら、『日本の雇用制度で安定した老後は送れるのだろうか?』とそういう不安を感じていました。

正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイト、日雇いなど、働き方はいろいろありますが、たとえ正社員であっても、『安心』は出来ないとそう思っていたのです。

2019年、海外で新型コロナウイルスが発生してから、あっという間に日本にも2020年1月には感染者が増え始めました。その頃から、企業はさまざまな働き方の工夫や、業績を伸ばすための工夫を試行錯誤し、一気に政府の働き方改革も進んでいったような気がします。

年代別の平均年収…これが日本の現状

下記の図は、日本のサラリーマンの平均年収を年代別に表したものです。
私が、この表を見た時に、唖然としたのは…男性と比べた時の女性の平均給与の低さです。
男性の場合は、年齢とともに給与も50代をピークに山型になっていますが、女性は30代前半をピークに右肩下がり…。

同じ仕事内容、同じ勤務時間で、対等にお給料を支給されている女性は、いったいどのくらいいるんだろう?と疑問に感じました。
もちろん、女性はライフスタイルの変化に伴い、働く時間や、働き方を変えざるを得ない状況があることは理解しています。だけど、私の周りにも優秀な女性は、それこそたくさんいるのに、そのスキルを活かす場がないことが残念でなりません。

データ(国税庁:民間給与実態統計調査)

ただ、そんな時、新たな働き方があれば、女性の活躍できるステージはいくらでも作れるとも同時に思ったのです。
それが、今の私の現在の働き方、『起業したい女性をサポートする』ことに繋がったことは言うまでもありません。

目次

自立するだけの力を身につけたい

コロナ禍で在宅ワークが主流となり、それをきっかけに、女性がオンラインビジネスで起業される数も増えてきました。中には、コロナによる打撃を受け、必要に駆られて新たな挑戦をされている方もいらっしゃると思います。

いつまた、何がキッカケで安心、安全を揺るがすような事態が発生するかも分からない💦
だからこそ、『自分でも稼ぐ力を身につけたい』と思う人も増えてきたと感じています。

だけど、何から始めたらいいか分からない…。これが率直な気持ちですよね!?

  • 自分には特技はない
  • 長い間専業主婦だったから、活かせるスキルは持っていない
  • 自分に一体、何ができるのか?

そう思う気持ちも、すっっっごく分かります!!
私も7年間専業主婦をしていて、社会から取り残されたような気持ちになり、そして自分のために使うお金は無駄遣いだとまで思っていた時代がありました。
きっとそのときの私は、鳥かごの中の鳥!

だけど、離婚をきっかけに、そんな悠長なことは言っていられない事態に陥るんですよね…。

その環境に飛び込むことで、自然と対応力は身につく

専業主婦から7年間のブランクは思いの外、打撃は大きいモノでした。
だけど、『何でもいいから働きたい!』『出来ることは何でもする!』。追い込まれていた私は、いつもそう思っていました。

私はきっとあのまま専業主婦だったら、自分で稼ぐことも知らず、ハングリー精神もなく、ただ人に迷惑をかけないようにとだたそれだけを思って生活をしていたかもしれません。

だけど、今の私なら言えること!
大変と分かっていながらも、その環境に飛び込むことで、世界は変わる!!

これまで何もできなかった私にも、特技があることを知りました。
これまで自身の無さでいっぱいだった私も、コツコツと努力を重ねればスキルは必ず身に着くことを知りました。

ここからわかったことは、どれだけ覚悟をもって挑むか?ということです。
『ビジネスにラクなものはない』と私はそう思っています。だからこそ、まずは目の前の与えられたことにきちんと取り組めるのか?そして、継続できるのか?ここさえクリアできれば、スキルは自ずと身についていることを実感できると思います。

追い込まれるほど底力が出る

人は追い込まれている人の方が、馬力があるな!と感じることが良くあります。

例えば…
シングルマザーで3人のお子さんを大学まで出したいと思っているママさんは、本当にお子さんに対する愛情がそのまま自分のビジネスへのパワーとなっている。

私も胃ガンになって、これからの人生、あとどのくらい生きられるのか?を本気で考えた時、『1分1秒の大切さ』と『挑戦しなかったことに対する後悔』そして、『もっと生きたい』という気持ちが私を突き動かしました。

この話は、みんなに驚かれるのですが…
私は、自分が『生きること』を諦めないために、『生きなければいけない理由』を敢えて作ったんです!

それが何か?というと、ファミリータイプのマンション購入と、ワンコを2匹新たな家族として迎え入れました。
これは、私にとって、十分すぎる『守るべきもの』になったのです。

きっと、この2つの驚くべき行動がなければ、私はもしかしたら気力が尽きていたかもしれない💦そう思うと思い切った決断は正解でしかありません。

自分でしか自分の人生は変えようがない!

人生って、いつ何が起こるか分からないし、平等でもないような…そんな気もちょっぴり感じます。
だけど、たとえ何かが起きたとしても、自分を信じて行動し続ければ、解決の糸口は見つかるし、知らなかった幸福感にだって出会える!
それが、どん底であればあるほど、あとはもう上がるだけしかないんですよね!

自分の身に降りかかることに、愚痴、不平、不満は口にしない。
これが自分の人生と受け入れれば、あとは、その人生を自分の力でより良いモノにしていったらいいだけの話だって、いつもそう思います。

どんなに恵まれた環境に居ても、そのときには気づけないことだってたくさんあるし、自分の人生、思うがままに変えていいと思ったらワクワクしませんか?
自分の人生、自分でしか変えられない!そう思ったら、まだまだたくさんやることありますもんね。

あなたは、未来の自分にどんなプレゼントを贈りたいですか?
どういう状態だったら、すごく頑張った甲斐があるな!!と自分を褒めてあげられますか?

叶えたい未来を鮮明に思い描くこと…それが鮮明であればあるほど、いつの間にか叶えられるんです。

もし、あなたが現状を変えたい!と思っていたら、現実を直視し、そして、そこから幸せになる覚悟を決めてください!!
そして、幸せのための一歩を踏み出してみてください。

LINE公式でお役立ち情報配信しています♪
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次