集客につなげるSNS戦略~ブログを使う目的はコレ!

みなさんが、自分のビジネスの集客に使っているSNSは何ですか?
Facebook?アメブロ?note?Twitter?インスタ?TikTok?
中には複数のSNSで集客をされている人もいらっしゃるかもしれませんね。

私はちょうど1年半前くらいまでは、アメブロを集客の入口にしていました。
どんなに会社員としての仕事が忙しくとも、「認知活動が大事!」という言葉通り、毎日投稿300個のいいね!周り、そして2日に1回のペースで200人ずつフォロー周りをしていました😊

今、思うとよくその時間を掛けてたな…と思いますが😅、SNSの特徴を深く理解しきれていない自分が悪く「なんとなくみんなやってるから…」という軽い動機で始めたところもあります💦

今日は、私がSNS起業して集客するのに、アメブロをやめてインスタを使用しようと思った理由、そしてブログの効果的な使い方をご紹介したいと思います。

SNSを使っている人の状況を想像する

私はどちらかというと、自分の頭の中にあることを、文章にすることは好きな方。
一気に書き上げてしまえば、あとは不要な部分を削ぎ落す作業をして、日々投稿文をつくっていたので、ブログ記事を作るのにはあまり時間はかかりませんでした。

逆に言うと、Twitterのような短い文で意味のあることをつぶやくことの方がハードルが高いのです。

みなさんも自分のこととして考えてみて欲しいのですが、SNSを見るときって基本、頭使ってないですよね!?

「よ~し!文章読むぞ!」と意気込んでブログを読む人はなかなかいません💦

そう…。いくら想いを込めた文章でも、タイトル次第では、記事を読んでもらうことすらできないのが現状です!

インスタ以上にライティングスキルが必須だ!とそう実感しています😌

目次

集客のために複数のSNSを運用するとどうなる!?

私はインスタを始めたころ、同時にアメブロも併用させていました。
アメブロを仕上げて、慣れないインスタに奮闘する!!🔥
そして、インスタを始めてすぐ、一旦インスタ1本に絞ろうと決意するのです。
それには3つの理由がありました。

  1. インスタ運用をして1ヶ月で効果を感じた
  2. 集客から販売までの流れに必要な機能がインスタにはすべて備わっている
  3. 2つのSNSを同時進行するだけの時間的余裕がなくどちらも中途半端になる

①でいう反応ですが、ブログでも1記事あたり300いいね!前後はついていたのですが、一番の違いはLINEのリストの集まり方!です。

もちろん、学んだノウハウ通り行えば…の話ですが、断然インスタからのリストビルディングの方が手応えを感じました

②の必要な機能とは、画像だけでなく動画の要素もあり、細かい分析ツールとライブ機能まで備わっているということです。

そして③は、性格的な問題かもしれませんが、どちらも同じように頑張らなきゃ💦という気持ちから、投稿することへの苦しさを心の底で感じ始めたので、まずはゼロから構築するインスタに全集中しようと思いました。

私はマルチスキルタイプですが、それでも慣れるまでは鬼のような忙しさを感じ、この状態を長く続けられるのか?という不安に襲われたんですね😭

せっかく頑張って積み上げてきたアメブロでしたが、手放すことへの恐怖はなく、むしろ次の活かし方を既に考えていたんです。

Webマーケティングの流れに適したSNSを使う

WEBマーケティングの流れ
集客→教育→販売

集客にはインスタグラムを使い、そしていきなり販売しても売れないので、その前段階で「教育」が必要になります。

この教育にはLINE公式を使うのですが、LINEでは長文は送れません。
人が集中して文章を読めるのは大体1分くらいと言われていて、それが300文字~500文字くらいになります。

なかなかその文字数だと、必要な情報や教育ができないので、多くの情報を伝えたいというときには、YouTubeの動画かブログ記事に飛んでもらう導線を作っています

なので、ブログは毎日書かなくてよくなるんです!!
LINEの配信の構成にもよりますが、ブログの更新は月に3回くらいできれば十分かなというイメージです。

またYouTubeを使う目的は、ファン化のためです。
動画は文章の5000倍情報が伝わると言われています。
ファン化にはマインドシェアを取る(たくさんいる同業者の中で、自分のことを一番考えてもらう)というのが大事なんですが、それに効果があるのが動画です。

YouTuberに対して芸能人みたいな視点で「本物だ!」とか思わず思うように、一般人とは違う視点で見られがちなんです。自分のことを普通の人だと思っていたとしても、自分の動画を繰り返し見てくれた人はそういう感覚になっていくんです。
なので、圧倒的にファン化するのは動画だと思ってください✨

ただ、動画を見ない年齢層の方や、その人のライフスタイルによっては、動画より文章の方が読みやすい場合もあります。

たとえば、通勤途中の電車の中であれば、イヤホンなしで気軽に読める文章の方が良いかもしれない。
逆に家事をしながらだったら、動画の方が聞こえる声で内容が理解できるので、適しているかもしれない…。など

ターゲット層のライフスタイルにもよりますが、出来たら文章も動画も同時に使っていくと良いかなと思います。

結論、ブログの位置づけは、集客→教育→販売の流れの中で、「教育」として使っていくことをおススメします。

ブログを効果的に使うために知っておくと良いこと

実は、動画よりも文章の方が相手の記憶に残りやすいと言われています。
そのため、自分のターゲットに覚えておいて欲しいことはぜひブログに書いてください。

例えばファン化をするために自分のストーリーを語るのは大事なのですが、そのストーリーの内容を覚えていて欲しいと思ったら、ブログに書く方が有効です!

インスタを集客で使うのに勇気が必要な方へ

長い間、違うSNSやブログを使っていて、これからインスタを集客で使うのにはまだハードルが高いな…とそう感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

実際、始める前の私はそうでした💦
カタカナだらけで、若者が使うSNSだという印象が強く、全く使いこなせないのでは?という不安があったんですよね…。

だけど、いざ飛び込んでみたら、それぞれの基準値を理解した上で運用を開始すると、すぐに手応えを感じたのもインスタです!

もし、これから挑戦したいけど、不安だな…という方のために、インスタ用語集を作成したので、参考にしていただけたらうれしいです👇

インスタ初心者さんのためのインスタ用語集

インスタを始めて運用するとき、カタカナの多さに、何をどうしたら良いのか?分からなくて困ったことありませんか?
私はどうしてもカタカナに苦手意識が強くって、初めすごく苦戦しました💦
ここでは一部にはなりますが、知ってると運用がスイスイ進むインスタ用語をまとめています!

ア行

アイコン
プロフィール上部に表示される丸い枠のあなたを表す画像やイラストなど。

アカウント
インスタのIDとパスワードなどの個人認証情報。
インスタグラムのアカウント名とは、正式には「ユーザーネーム」と呼ばれるもので、個々のアカウントを識別するためのIDのようなもの。 そのため他者と重複することはできない。

アルゴリズム
簡単にいうと、インスタのシステムがあなたや他ユーザーにどんな投稿を表示させるか判断する「仕組み」のこと。

インサイト
インスタ運用に必要なビジネスアカウントで確認できる機能。
フォロワーの年齢層・性別などのデータや、プロフィールへのリーチ数など、アカウントの状態を把握することができる便利な分析ツール。

インスタライブ
インスタ上でリアルタイムで動画配信をする機能。

インプレッション
投稿が閲覧された回数のこと。
つまり、同じユーザーが投稿を10回見れば、インプレッション数は10となる。

エンゲージメント
フォロワーとの関係性を示す新密度。

カ行

カルーセル
 1つの投稿に複数の写真や動画を投稿する機能 のこと。
カルーセルでは、最大で 10枚 の写真や動画を同時に投稿することが出来まる。

キャプション
投稿内容について説明する文章。

サ行

シグナル
ユーザーがインスタ上で起こすアクションや投稿内容、ユーザー情報などを評価する指標のこと。
「いいね」や「コメント」「保存」など、新密度の基準となるリアクション。

質問ボックス
ストーリーズで使用できる質問・回答出来る機能。

ストーリーズ
24時間で消える投稿。
ユーザーの傾向として、タイムラインのフィード投稿を見ずにストーリーズなどをチェックする方が多い。

タ行

タイムライン
アカウントに関連する情報や投稿を一覧で見る事が出来るページです。
アプリを開いたら家の形をしたアイコンである 「ホームボタン」 をタップするとタイムラインが表示される。
タイムラインではそのアカウントでフォローしているアカウントや、ハッシュタグに関する投稿が中心に表示される。

タグ検索
「#(ハッシュマーク)」+「キーワード」を組み合わハッシュタグで投稿を検索できる機能。

タグづけ
投稿する写真や動画に関連するアカウントを紐付けすること。
例えば、写真に写っている人物のアカウントをタグ付けすると、写真をタップした際にそのアカウントのユーザーネームを表示させることができる。

DM
ダイレクト・メッセージ。アカウント間で直接メッセージのやり取りが出来る機能。

ハ行

ハイライト
24時間で消えるストーリーズを残しておきたいときに、プロフィール下部に保存できる。

発見タブ
ユーザーの興味関心に合わせて投稿が自動で表示される。
インスタの発見タブは、アプリの下部に表示されている 「虫眼鏡」マーク をタップすると表示される。
さまざまな投稿やリールなどの動画が表示されるが、これらは全てユーザーの興味関心に合わせて自動で表示される。

ハッシュタグ
「#」をつけたキーワード。ハッシュタグをつけて投稿することでリンク化され、クリックすると同じキーワードが含まれた投稿を検索することができる。直接ハッシュタグを入力して検索もできる。

表紙
投稿の1枚目のこと。フィード投稿以外にも、リールやライブを残す場合も表紙をつけて、アカウント全体の統一感を図ることができる。

フィード投稿
画像や動画などにキャプションを加えて投稿する、インスタの基本的な投稿。

フォロワー転換率
フォロワー増加数÷プロフィールアクセス数
プロフィールを訪れたユーザーがどれだけフォローしたか?の割合。

プロアカウント
ビジネス用に機能拡充されたアカウント。(ビジネス用でない場合は個人アカウントという)
プロアカウントにはビジネスアカウントとクリエイターアカウントの2種類がある。

プロフィールアクセス率
プロフィールアクセス数÷リーチ数
投稿を見たユーザーがどれだけプロフィールを訪れたかの割合。

プロフィール文
アカウントについて説明する文章。ビジネスでインスタ運用するならこのプロフィールがすごく大事。

ホーム数
フィード投稿のインプレッション数。

ホーム率
インプレッション÷フォロワー数
フォロワーのうち、どれだけのフォロワーのタイムラインに投稿が表示されているかの割合。

保存率
それぞれの投稿の保存数÷それぞれの投稿のリーチ数
投稿を見たユーザーがその投稿を保存した割合。

マ行

メンション
キャプションやストーリーズの画像上に、特定のアカウントのユーザーネームを入れてプロフィールへ誘導すること。

ヤ行

ユーザー
インスタグラムを利用している人。

ユーザーネーム
プロフィールを開いた際に、画面の最上部に表示される文字列のこと。

リーチ
投稿を見たユーザーの数。

リール
最大90秒の縦長のショートムービーを投稿できる機能。

レコメンド
「発見タブ」や「検索」で発見されること。
投稿がフォロワー外の検索タブ・ハッシュタグで優先的に公開されることを指す。

LINE公式でお役立ち情報配信しています♪

LINEでお友だちになってくれた方に、SNS集客のお役立ち情報やお友だち特典を準備してます!
コチラをクリック👇

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次